更年期障害とうまく付き合う

MENU

更年期の時期

女性の生涯は、5つのカテゴリーに分けることができます。

  • 幼少児期
  • 思春期
  • 性成熟期
  • 更年期
  • 老年期

この中で健康面、精神面に大きく影響するのが「思春期」と「更年期」です。
思春期に健康面、精神面が大きく影響されることはよく知られており、特に精神面での変化が大きく両親との争いや人間関係の変化が起きるため「反抗期」ともいわれます。
一方「更年期」はどうでしょうか?女性の更年期に関しては「更年期障害」という言葉は知られていますが、どのような障害が起きるのか知らない人も多いのではないでしょうか?
更年期を迎える時期になると、卵巣の機能が衰えてしまい、それまで卵巣で産生されていたエストロゲンという女性ホルモンが急激に減少してしまうため様々な症状がおきます。
思春期の変化も性ホルモンが出始めることから起きる変化ですので、更年期はちょうどそれと対局で起きる現象と言えるでしょう。

 

更年期が起きる時期としては、閉経のために女性ホルモンの産生減っていく期間、つまり「閉経前の前後五年間」くらいの期間を指します。

 

エストロゲンが減少すると、脳は「エストロゲンを産生しろ」という指令をどんどん出します。この指令が卵胞刺激ホルモンです。ですが、卵巣はエストロゲンを作ることができません。その結果、体内のエストロゲン量は減少しており、卵胞刺激ホルモンは過剰にあるというようにホルモンバランスが乱れます。それに伴うように顔が火照る、大量の汗をかく、動悸やめまい、不眠症などの様々な症状が出てきます。これが「更年期障害」です。更年期障害の症状は多岐にわたり、個人差もあって一定ではありません。

更年期障害の症状

主な更年期症状には以下のようなものがあります。

  • 血管運動神経系(火照り、のぼせ、発汗、冷え、息切れ、むくみ)
  • 精神神経系(頭痛、めまい、不眠、不安感、いらいら、うつ状態、耳鳴り、立ちくらみ)
  • 運動器官系(腰痛、肩こり、不眠、関節痛、背部痛、筋肉痛)
  • 消化器系(食欲不振、吐き気、便秘、下痢、喉の渇き、胃もたれ、胸やけ)
  • 泌尿器系(頻尿、残尿感、血尿、尿失禁)
  • 生殖系(月経異常、膣乾燥感、性交痛)
  • 知覚系(痺れ、知覚鈍麻、知覚過敏)
  • 皮膚系(皮膚の乾燥、痒み)

 

頭痛・イライラ・うつ状態といった精神神経系の症状と似たような症状は、月経前症候群(PMS)にも見られます。
PMSは同じ女性特有の症状として、特に最近注目されているものです。

 

 

更年期障害といえば女性特有の症状と思われがちです。しかし、思春期と同じように男性にも更年期はあります。女性の場合、閉経という身体的変化と各症状が結び付いて医学的にも認知されていましたが、男性は個人の差が大きく、長い間その存在さえも知られていませんでした。

 

男性の更年期には、男性・女性共通の症状の他、男性特有の症状もあります。共通の症状としては、疲労、不眠、うつ病、火照り、のぼせ、動悸、頻尿などがあります。一方、男性特有の症状としては、性機能の減退、性欲の低下、ED(勃起不全)、筋力の衰え、肥満などがあります。これらが男性更年期障害、いわゆる「LOH症候群」と呼ばれているものです。