誰でも通る道、更年期障害とは一体何?

MENU

更年期障害とは

更年期とは、女性の場合、卵巣機能が衰え始め、女性ホルモンの分泌が減少する期間、『閉経を迎える前後の5年間の期間』のことを指します。
一般的には50歳前後のことを言い、平均すると、45歳〜55歳の間で発生するとされています。

 

更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れが原因となり、身体的・精神的な不調・異常が表れる自律神経の問題の1つです。
更年期を迎えると、卵巣の機能が衰える結果、卵巣から分泌されていた女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少し、ホルモンバランスが崩れます。

 

この乱れによって、体の火照りや、多汗症、あるいは精神的な不調をきたすようになります。

最近増えている若年性更年期障害とは

先述したとおり、更年期障害は50歳くらいからの発症が平均的なのですが、今、その流れが若年化しています。
40代前半、人によっては30代で発症する場合もあります。
これを【若年性更年期障害】といいます。

 

この原因は多岐に渡りますが、リスクの高いダイエット、不規則な生活、食事のバランス、精神的なトラブルなど、ホルモンのバランスが乱れていることが原因になっていると言われています。

どんな症状があるの?

気になる更年期障害……。さて、どんな症状があるのでしょうか??

 

<ul> <li>ほてり</li> <li>多汗</li> <li>身体のだるさ</li> <li>イライラ</li> <li>うつ症状</li> </ul>

 

上記のような症状が出てきます。
辛いようであれば、早急に医師の診察、診断を受けることをオススメします。
早期発見が大切です。

基本的にどんな対処をしたらいいの?

勿論、病院へ行き、検査・検診を受けることが望ましいと思います。
女性の身体の専門家である婦人科へ行くことが最適!
更年期になる前から、行きつけの婦人科を探し、相談すると、いざという時に慌てずにすみますし、安心です。
一般的には、ホルモン注射によるホルモン補充療法が行われます。

まとめ

今回は更年期障害の概略を説明しました。
誰でも確実に通る道ですので、あまり神経質にならないように気をつけましょう。
適切な診療を受ける為にも是非、参考にしてみてください。

誰でも通る道、更年期障害とは一体何?記事一覧

 

女性の更年期は50歳といわれています。主に、閉経前後の5年間の期間が更年期です。一般的な原因はエストロゲンという女性ホルモンの減少からきています。身体のほてり、そして多汗症、精神的な不調などの症状が現れます。酷い場合には日常性生活に支障がでるほどの状態になることがあります。

 
 

日本女性の更年期障害の発症は51歳前後からが多いとされています。ですが、一体どのような原因があり、更年期障害は引き起こされるのでしょうか?閉経前後の5年間、大体45歳〜55歳程度に起こるとされていますが、誰でも通る道なのです。原因として挙げられるのは、【エストロゲン】という女性ホルモンの減少です。閉経間際は身体のバランスが崩れ、エストロゲンが分泌されにくくなります。それに呼応して、身体はホルモン分...

 
 

更年期障害。まずは何科に罹ればいいのでしょうか?一般的には婦人科になります。精神的な症状が高い場合、心療内科でもいいかもしれません。具体的な検査は問診から始まります。月経が何時ごろから始まって、どんな症状に悩まされているか?あるいは過去の病気や、現在罹っている病気があれば、そのことに関して聞かれる場合もあります。ストレスを招く要因があれば、その後、詳しい問診の末、血中ホルモン量の検査をします。

 
 

女性ホルモンの1種、【エストロゲン】が減少し、ホルモンバランスが崩れることが影響して、更年期障害は発症します。もちろん、理由はコレだけではありませんが、日本女性の場合、大体50歳前後に発症しやすい病気です。さてどんな治療法があるのでしょうか?薬物療法カウンセリング生活改善法のアドバイス上記のような治療法に分かれます。

 
 

更年期障害というと、女性特有の症状と思われがちですが、実は違います。一般的には【LOH症候群】と呼ばれ、男性ホルモンの【テストステロン】が大きく関係しているのです。女性の場合、女性ホルモンの1種、エストロゲンが減少し、ホルモンバランスが崩れることで、更年期障害が発生します。男性の場合は、男性ホルモンの減少により、精神的、肉体的な不調が発生するのです。