更年期障害ってどんな病気?

MENU

更年期障害はどんな病気か?

女性の更年期は50歳といわれています。
主に、閉経前後の5年間の期間が更年期です。
一般的な原因はエストロゲンという女性ホルモンの減少からきています。

 

身体のほてり、そして多汗症、精神的な不調などの症状が現れます。
酷い場合には日常性生活に支障がでるほどの状態になることがあります。

どのように対処したらいいの?

ホルモンバランスが崩れることによって生じることで発症するのが、更年期障害の特徴。
酷い場合には、医師の診察を受けることが大切ですが、自分で出来る対策法もあります。
自分で出来る対処方法、オススメは主に3つです。

 

<ul> <li>運動</li> <li>食事の改善</li> <li>ストレスの発散</li> </ul>

 

これらの対策をすると良いと思います。

オススメの対策は?

運動はなかなかに大切です。
日頃運動不足になると、身体の新陳代謝の低下、加齢による肥満が増えます。
ですから、まずはやりやすい散歩やウォーキングなどから行うとOK!
汗をかくことですっきりとしますし、心地のよい疲れが、速やかな睡眠につながります。

 

食事のオススメは大豆食品の摂取。
大豆に含まれるイソフラボンには、女性ホルモンと似たような働きをします。
その結果、ホルモンバランスを整え、健康的に生活できます。

 

最後に、適度なストレス解消をしましょう。
先述したスポーツに汗を流すでも良いですし、旅行やショッピングを楽しむことが良いと思います。
ストレス発散により、精神的な不調から解放されることでしょう。

良い医師をみつけておく

それ以外にも相性の良い医師を見つけておくという方法もありです。
出来れば、更年期になる前に、見つけておくと、いざという時に慌てずにすみます。
基本的には婦人科の医師がベスト!更年期障害になったときでも、安心して治療に専念することが可能です。

まとめ

今回は更年期障害がどのような病気なのか見てきました。
身体的にも、精神的にも支障が出る場合があります。
しっかりと対策や改善策を練り、一人で悩まず、様々な人々と協力し、更年期を乗り切りましょう。