辛い更年期障害、その検査と診断について簡単解説

MENU

更年期障害の検査と診断とは

更年期障害。まずは何科に罹ればいいのでしょうか?
一般的には婦人科になります。精神的な症状が高い場合、心療内科でもいいかもしれません。

 

具体的な検査は問診から始まります。
月経が何時ごろから始まって、どんな症状に悩まされているか?あるいは過去の病気や、現在罹っている病気があれば、そのことに関して聞かれる場合もあります。
ストレスを招く要因があれば、その後、詳しい問診の末、血中ホルモン量の検査をします。

更年期障害の検査についてみていこう

その他にどんな検査があるのでしょう?
婦人科での検査の場合、検診が行われる場合がおおいです。
内診で膣の状態を調べ、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣の状態をチェックします。
その際に、子宮がんの心配がないのか?なども診察します。

 

エストロゲンが減少するために、骨粗しょう症になる方も多いので、予防のために、骨量の測定も欠かせない検査になります。
その他にも、乳がんの検査もあり、場合によっては、超音波検査、マンモグラフィなどの乳がんの専用の検査をする場合もあり。

どんな診断が下されるの?

血液検査により、ホルモンの検査が行われます。
血中のエストロゲン(女性ホルモンの1種)の数値が低い場合は、更年期障害の疑いが強まります。
もちろん、血液検査だけがすべてではありません。
更年期にあたる年齢になれば、なにかしら身体に不調があることも多いので、問診の結果など、様々な検査内容を鑑みて、総合的に判断されます。

 

仮に更年期障害であると診断されても焦る必要はありません。
しっかりと治療をすることで、更年期障害の症状は緩和できますし、普通に生活をすることが可能です。

まとめ

今回は更年期障害の検査内容、そして診断を述べました。
気になる病状はたくさんありますが、医師との診察で、しっかりと対策を考えましょう。
大丈夫。誰もが通る道ですし、きっとあなたにピッタリの解決策が見つかるはずです!!