女性だけじゃない、男性の更年期障害とは?

MENU

男性にも更年期障害はあるの?

更年期障害というと、女性特有の症状と思われがちですが、実は違います。
一般的には【LOH症候群】と呼ばれ、男性ホルモンの【テストステロン】が大きく関係しているのです。

 

女性の場合、女性ホルモンの1種、エストロゲンが減少し、ホルモンバランスが崩れることで、更年期障害が発生します。
男性の場合は、男性ホルモンの減少により、精神的、肉体的な不調が発生するのです。

【LOH症候群】どんな症状があるの?

男性の更年期障害=LOH症候群。
果たしてどんな症状があるのでしょうか??
実はこんな症状があります。

 

  • 男性機能の低下(ED)
  • 男性性の低下
  • 肥満
  • 骨粗しょう症
  • 認知症、鬱病

 

このような症状が現れます。

意外と分かり難いのが、男性の更年期障害

男性の更年期の場合、女性と違うのは、明確な区切りがないということでしょう。
女性の更年期は閉経前後の5年間の間に訪れますが、男性には月経がないので、いつ更年期がスタートしたのかが分からないのです。
そして、悩みを打ち明けるような場所も、まだまだ開拓されていないので、不安の行き場所、ストレスのはけ口が見つかり難いということも問題として挙げられます。

どんな治療法があるの?

気になる男性の更年期障害。
治療法はいくつかありますが、病院へ受診、検査するだけでなく、セルフケアをする方法もあります。

 

  • 食事の見直し
  • 適度な運動
  • リラックス方法を編み出す

 

これらの方法です。
特に食事は大切、脂っぽいものばかり、ラーメン、焼肉、ファストフードばかりになっていませんか?
栄養バランスが崩れると、ホルモンバランスも崩れます。
オススメは亜鉛製品だそうです。
チーズ、レバー、卵黄、大豆食品などに多く含まれます。

まとめ

今回は男性の更年期障害について見てきました。
女性だけでなく、男性にも罹る可能性がある症状です。
おかしいと思ったときは、是非、1度医師の診察を受けることをオススメします。