更年期障害の症状を知っておこう

MENU

更年期障害という言葉をご存知ですが?
閉経後に発症する、女性の身体的・精神的な疾患です。
人によっては様々ですが多くの症状が見られます。

更年期障害の症状とはどんなもの?

更年期障害。これは人によって個人差があり、更年期を迎えてもまったく症状が出ない人、あるいは逆に日常生活も満足に遅れなくなる人がいるなど、人によって様々なのです。
具体的には【顔のほてり】【のぼせ】【体のだるさ】【めまい】……。
これらはほんの一例ですが、それ以外にもたくさんの症状が現れます。

 

また、身体的な症状だけでなく、精神的な症状として、【イライラ】【うつ】【睡眠障害】などの症状も現れるので注意が必要。
内科や心療内科、あるいは精神科を受診することで、検査や診察を受けることが可能です。

なぜ、このような症状が出るの?

答えは自律神経の乱れが全身に影響を及ぼすためと言われています。
女性の場合、閉経前から閉経を迎えると、女性ホルモンの1種【エストロゲン】の分泌が極端に減ります。
この結果、カラダはホルモンの分泌量を増加させようとしますが、それが上手くいかず、逆にホルモンバランスを崩してしまう結果となり、【自律神経失調症】などが起こりやすくなるのです。

症状が強く出るのはどんな人なのか教えて?

先述で簡単に説明しましたが、更年期障害の症状、特徴は実に様々。
まったく自覚症状がない人もいれば、治療が必要になるくらい重症化する方もいます。
症状の出方は、下記の3つの原因、要因が考えられます。

 

  • 身体的要因
  • 心理的要因
  • 環境的要因

 

いずれにしても1つの要因ではなく、様々な用品が複雑に絡み合い、生じるのです。

症状を乗り切るためには?

運動が効果的であると、言われています。
突然走ったりするのではなく、最初はウォーキングからはじめてもいいかもしれません。
また、十分な休息も必要です。

まとめ

今回は更年期障害という病気の概略を説明してきました。
多種多様な影響を与える更年期障害。
まずは自分の症状を把握し、対策や改善策を考えましょう。

更年期障害の症状を知っておこう記事一覧

 

ホルモンバランスの乱れによって、更年期障害は起こります。例えば、カラダのほてり、大量の汗、……これは一例ですが、このような症状が現れます。最近は低年齢化により40代の若年者であっても発症するリスクがあります。でも、どのようにチェックしたら良いのでしょうか

 
 

そもそも更年期障害はホルモンバランスが乱れ、自律神経に影響を与えている状態のことをいいます。閉経により、女性ホルモンの1種である【エストロゲン】が不足し、更年期障害のさまざまな障害を発生させるのです。早期発見し、治療を開始すれば、症状は軽くてすみます。気になる点があれば、1度婦人科へ受診することがオススメです。

 
 

更年期障害により抱える症状は多岐に渡りますが、精神的な症状もあるんです。身体的な症状とは違い、なかなか分かりづらいのですが、どんな症状があるのでしょうか?憂鬱イライラ不安感代表的な精神面での症状にはこのようなものがあります。

 
 

更年期障害は誰にでも罹患する可能性がある疾病です。いざという時に慌てないためにも、十分な対策をすることがポイント。身体的な症状、あるいは精神的な症状だけでなく、生殖器にも異常があらわれるのが特徴です。具体的には――、月経異常不正出血このような症状が出ます。1つひとつみていきましょう。

 
 

更年期障害は女性であるならば誰でも経験するものです。もちろん、程度には個人差があります。また、発症する時期も人によってバラバラです。しかし、平均的にはどのあたりの年代を更年期と呼ぶのでしょうか??日本女性の場合、平均すると51歳が更年期障害に罹り始める時期と言えそうです。同時にこの年齢に閉経がやってきます。一般的に更年期とは、閉経前後の5年間の期間を指します。つまり、46歳〜56歳までの間が平均的...