更年期障害の平均的な期間ってどのぐらいなの?

MENU

更年期障害の平均的な期間とは?

更年期障害は女性であるならば誰でも経験するものです。もちろん、程度には個人差があります。
また、発症する時期も人によってバラバラです。
しかし、平均的にはどのあたりの年代を更年期と呼ぶのでしょうか??

 

日本女性の場合、平均すると51歳が更年期障害に罹り始める時期と言えそうです。
同時にこの年齢に閉経がやってきます。一般的に更年期とは、閉経前後の5年間の期間を指します。
つまり、46歳〜56歳までの間が平均的な更年期の期間なのです。

近年増加中!若年性更年期障害とは?

個人差があるというのは、先述しました。
つまり、40歳で発症する人もいれば、60歳で発症する人もいるということです。
でも、あまりに早い、更年期とは無縁の20代〜30代で発症する方が今、増えている模様。

 

若年で更年期障害を発生すると、長い期間、更年期の障害に悩まされることになります。
こうなると厄介ですよね。一般の方が5年を更年期と呼んでいるのに、若くして発症すると、その期間が長くなってしまうのですから……。これはエストロゲンをはじめとする、ホルモンバランスの影響が原因のようです。

更年期の期間、症状はいつまで続くの?

更年期特有の症状は、身体的なもの、精神的なものと分けることが出来ます。
これが一斉に襲い掛かってくるのですから、参ってしまいますよね。
そうなると、大切なのはその期間です。

 

更年期障害は一般的に5年間と曖昧に決められていますが、症状が5年続く場合はあまりありません。
多くの方が、2,3年をピークにし症状が軽減、減少、そして消失しています。
反対に、10年近く更年期症状の状態が続くようであれば、別の原因を探す必要がアリ!
例えば、老年期に起こる障害と関係しているかもしれませんし、病的な原因がある可能性もあります。

 

長く続くようであれば、更年期の専門医に相談するのが確実。
大丈夫!どんな人でも必ず更年期を乗り越えていくのですから…

まとめ

今回は更年期の期間について紹介しました。
鬱屈した状態が続くと、誰でも嫌な気持ちになるものです。
適度に食事や運動を楽しんだりし、ストレスの発散をすることも良いかもしれません。
なるべく重く考えずに、気軽な気持ちで更年期と向き合いましょう。