更年期特有の精神的症状を解説

MENU

更年期障害の精神症状って何?

更年期障害により抱える症状は多岐に渡りますが、精神的な症状もあるんです。
身体的な症状とは違い、なかなか分かりづらいのですが、どんな症状があるのでしょうか?

 

  • 憂鬱
  • イライラ
  • 不安感

 

代表的な精神面での症状にはこのようなものがあります。

更年期の憂鬱感、どんな症状なの?

うつ病は心の風邪と呼ばれ、日本だけでなく、世界中で罹患する方が増加している病気です。
まさに現代病と言っていいかもしれません。
更年期障害に陥ると、このような鬱症状が出る場合が特徴で、注意が必要です。

 

基本的には一般的な鬱病のような症状がでます。
例えば、すべてのことに無気力になる。やる気がなくなってしまう。……などです。
鬱病は自分で対処することが難しい疾病の1つであります。

 

どんどん悪化する前に、病院へ受診し、医師からの診察、診断を受けることがポイントです。

不安感も出るって本当なの?

うつ症状に似たものとして、不安感が現れるという報告もあります。
漠然とした不安、将来に対する不安、そして絶望感……。このようなサインが出たら要注意!
感情のコントロールが難しくなり、精神面が不安定になってしまうのです。

 

うつや不安感の原因は、女性ホルモンの1種である【エストロゲン】の減少にあると言われています。
ホルモンバランスが崩れて症状を起こしているので、速やかに対処することが大切。
かかりつけの医師をあらかじめ準備しておくなどの対策をとると慌てずに確実です。

イライラも発生!これって更年期障害?

先述した女性ホルモン、【エストロゲン】の影響により、卵巣の機能が低下します。
すると、ホルモンのバランスの需要と供給が上手くいかず、自律神経のバランスが崩れることになるんです。
そうなると、イライラが発生する原因になります。
エストロゲンには気持ちを穏やかにする効

まとめ

更年期障害には身体的な特徴だけでなく、精神的な病状もあります。
辛いと感じる前に、医師の診断を受け、健康的な生活を送りましょう。