更年期障害への上手な対処について

MENU

更年期障害についてどこまでご存知ですか?
今は女性だけでなく、男性にも更年期障害があるんです。
どちらもホルモンバランスが原因です。
さて、今回はそんな更年期障害の対応方法を見ていきます。

更年期障害、その対応策は?

一般的な日本女性の場合、平均45歳〜55歳の間で更年期障害が発生するとされています。
閉経前後の期間のことを更年期と呼ぶのです。
身体的な症状(多汗症、顔のほてりなど)、精神的な症状(うつ、イライラなど)が起こり、人によっては日常生活を送ることも大変なくらい悪化する場合があります。

 

では、どんな対応策を考えれば良いのでしょうか?

 

  • 病院へ行く
  • セルフケアを行う

 

この2種類が基本的な対応策と言えるでしょう。

一度は病院にかかりましょう

いざ、病院へ行くとなると、何科に行けばよいのでしょうか?
女性の場合は【婦人科】がベター。女性の身体専門の医師が明確に対応策を教えてくれます。
また、更年期障害が発生する前に、かかりつけの医師を見つけておくと、異常が出てからの対応が早くなり、治療を早期に開始することが可能に……。

 

医師にかかる上での一番のメリットはお薬によるホルモン剤の投与が受けられる事です。
女性の更年期の場合、エストロゲンという女性ホルモンの低下が原因になっているので、ホルモン剤の投与によって、速やかに治療ができるのです。

セルフケアもオススメ

更年期障害は誰もが通る道。
ですから、あまり深く考えずに、自分にできることを始めてみましょう。
具体的には【食事の見直し】【適度な運動】【ストレスの発散】

 

この辺りの状況をもう1度よく考えて見ましょう。
忙しいからといい、ついつい偏った食事になっていないか?
あるいは、日頃から運動不足が続いている。
そして、ストレスフルな生活を送っている。
このような状態がある場合、更年期障害の期間を利用して、生活習慣を見直してみましょう。

まとめ

今回は更年期障害の対応策を見てきました。
医師の検査、診察を受けるのも、セルフケアを行うのも、両方とも大切です。
自分にあった、対応策を考え、一緒に更年期障害を乗り切りましょう!

更年期障害への上手な対処について記事一覧

 

女性の更年期障害の場合、女性ホルモンの1種であるエストロゲンが減少することによって発生します。特に加齢と共に、ホルモンの分泌量は少なくなりますから、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。では、どんな治療薬があるのでしょうか?そちらを見ていきましょう。ホルモン補充療法(HRT)漢方薬自律神経調整薬プラセンタ療法このような治療薬が一般的です。

 
 

更年期障害に悩まされる女性が増えているようです。そこで数多くのサプリメントが登場しています。でも、数が多いと選ぶのが大変。迷ってしまいますよね。一体、どのような選び方をすれば良いのでしょうか?具体的には下記のような成分が入っている物がオススメです。大豆イソフラボンプラセンタマカセサミンサポニンこれらの成分が含まれていると、更年期障害に効果的があるのでオススメです。

 
 

自律神経の乱れ、イライラ、ホットフラッシュ……など。更年期障害が抱える症状は多岐に渡ります。病院へ行き、医師の検査、診察を受けることはもちろん大切ですが、食事のバランスを見直すことも重要。さて、そんな食事ですが、どのような栄養素を摂ったら良いのでしょうか?大豆イソフラボンビタミンD葉酸さてさて、どのような効果があるのでしょうか?

 
 

更年期障害というと、ホルモンバランスを整える為に、ホルモン補充療法が有名です。これは閉経前後になり、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少し、バランスが崩れるために、ホルモンの補充を開始するのです。ただし、服薬する薬によっては副作用があったり、服用する薬の数が多い人などには、漢方薬が適用されることがあります。漢方では【気(き)】【血(けつ)】【水(すい)】から、身体の不調を探るのが基本です。更年...

 
 

日本女性の場合、平均して50歳くらいが更年期。この時期になると、ホルモンバランスが崩れます。その結果、身体的、精神的な不調が発生します。さて、どんなことをして乗り切れば良いのでしょうか??日常生活を送る上でのポイントを紹介しちゃいます!!ストレスの発散適度な運動食生活の改善この3つが更年期を上手く乗り切り、日常生活を送るポイントトップ3と言えるでしょう。

 
 

中年女性にとって大変つらい「更年期障害」。ほてりや発汗、動悸、めまいなど身体的にも精神的にも不調を訴える人が多いです。閉経後にくるこうした更年期障害は女性ホルモンの乱れが原因ですので、なかなか自発的に発症できないようにするというのは難しいものです。しかし、ある程度症状が軽減できる予防方法というものがあります。ここではそれを見ていきます。