更年期障害の治療薬?一体どんなものがあるの?

MENU

更年期障害の治療薬とは?

女性の更年期障害の場合、女性ホルモンの1種であるエストロゲンが減少することによって発生します。
特に加齢と共に、ホルモンの分泌量は少なくなりますから、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。
では、どんな治療薬があるのでしょうか?そちらを見ていきましょう。

 

  • ホルモン補充療法(HRT)
  • 漢方薬
  • 自律神経調整薬
  • プラセンタ療法

 

このような治療薬が一般的です。

ホルモン補充療法とはどんな治療薬?

減少した女性ホルモンを錠剤やパッチ薬で補う療法です。
一般的な更年期障害の治療薬として投与されます。
即効性が高く、辛い症状を受けている方には有効的なお薬です。

漢方薬も効くの?

漢方の力を利用して、更年期障害を撃退することもできます。
効き目は穏やかですが、体質に合ったもの利用すると、大きな効果が出ます。
また、副作用が少ないということもメリットです。

自律神経調整薬ってどんな薬なの?

更年期障害の精神的な負荷が高い場合、自律神経が乱れ、不眠やイライラ、あるいは鬱症状が出てきます。
それに対応するために、向精神薬が処方されます。
精神薬といっても、今は薬の種類も豊富ですし、副作用もあまり出ません。安心して利用できるので、ご心配なく。

プラセンタ療法ってどんな治療薬なの?

プラセンタというと美容を思い浮かべますが、更年期障害にも役立ちます。
プラセンタ(ヒト胎盤)を注射することによって、ホルモンのバランスを整えます。
重大な副作用はなく、安心して治療が出来ます。

まとめ

今回は更年期障害の治療薬について述べました。
主に4つの方法があり、自分の体質に合わせた治療法がオススメです。
まずは医師の診断、検査を受けて、じっくりと更年期障害と向き合っていきましょう。